栄養価に魅力がある酵素ドリンクと日数の注意点

酵素飲料による減量を検討する際に、不安点が生じる事があります。なぜなら、栄養価に関する事柄が気になるからです。確かに減量を試みるにしても、栄養失調になるのは心配ですね。

自分なりの方法で減量も試みた結果、栄養失調が原因で、体調不良を訴えるケースも確かにあります。ですが酵素飲料の場合は、問題無いと考えて良いでしょう。

1.3日続けても問題ない程の栄養価

そもそも酵素飲料に問題があるなら、3日ほど続けると何らかの問題が生じるはずです。酵素ドリンクは、3日ほど飲まれるケースも多々あるのですね。3日分の食事を、その飲料で代用する方々もかなり多く見られます。

それで栄養価に問題があるなら、途中の段階で必ず問題点が生じる筈です。2日目のタイミングなどで健康被害などが生じた時などは、明らかに酵素飲料に原因があるでしょう。しかし実際には、酵素飲料による減量で健康被害が事例は殆どありません。

確かに2日目は少し大変なのですが、3日目ともなるとむしろ気持ちが爽やかになるケースが目立ちます。少なくとも3日ほどは何も食べなくても問題ない程の、栄養価があるのは間違いないでしょう。

2.含まれる野菜や果物が多いのが一因

その理由として、含まれる食品類の多さが考えられます。酵素飲料の中には、多種類の野菜や果物が入っています。よく1日に30品目とCMなどで強調されているでしょう。

それだけ多彩な食品は、確かに酵素飲料の中に入っているのです。3日ほどの減量でも全く問題ない栄養価なので、健康被害も生じづらい訳ですね。

3.最大3日を限界にする

ただいくら酵素飲料の栄養価が高いと言っても、やはりそれだけを服用し続けるのも問題です。4日目以降になると、さすがに様々な問題が生じる確率が高まります。もちろんそれは、大変困りますね。

ですので酵素飲料での減量も、最大3日程度にとどめるのが望ましいです。栄養価は十分高いですが、やはり限度もある訳ですね。

栄養価は高くてもほどほどが大切

つまり酵素飲料の栄養価については、主に次のように言えるでしょう。

・栄養価に問題があるなら3日の減量は難しい
・実際には栄養価が高いので3日続けられる
・含まれる食品類の多彩さが原因
・それでも3日までを最大にするべき

少なくとも他の食品と比べれば、栄養価はかなり高めなドリンクとは言えます。ただ上記の4点目でも述べたように、やはり「ほどほどにする」事が肝心ですね。

逆にそこをしっかり押さえておけば、随分と減量の成功確率も高まると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です